モノ

ESRの薄型タッチペンケース Apple PencilやタッチペンをiPadにくっつけて持ち運ぼう

Apple Pencilの2世代目はマグネットが内蔵されたことでiPadにくっつけて運ぶことができるようになりました。

しかし、Apple Pencilや他社製ペンシルの場合はくっつけることができないので、持ち運びが多少不便だったりしませんか?

そんな方にぴったりのアイテムがありますよ!

こんにちは、しぐれです。

今回は、ESRから発売されている薄型タッチペンケースを開封し紹介します!

このタッチペンケースはiPadとタッチペンを同時に運ぶことができる便利アイテムです。

タッチペンを忘れたり、無くしがちのかたは必見です!

ESRのタッチペンケースのミニ情報

商品名
 ESR Pencil ケース 接着シール式

対応機種
 Apple Pencil1、2、

特徴
 ・iPadに貼り付けてペンシルを運べる
 ・貼り付けても邪魔になりにくい薄さ

ESRのタッチペンケースの開封

ESRペンケースのパッケージ

パッケージはESRの毎度おなじみのシンプルな感じ

ESRペンケース

開けるとペンケースが一つそのまま入っていました。

とっても薄くて開けてビックリです。

ESRペンケースにタッチペンを入れた様子

ペンを入れるとこんな感じ

収縮性のある素材でできているので、ペンに合わせて伸びます。

そのため、簡単に落ちてしまうことなく安心して使うことができます。

ESRペンケースの裏面の粘着面

裏面は一面粘着面になっていて、取り外しもできる粘着といった感じになっていました。

ESRのタッチペンケースを装着

それでは、ESRのタッチペンケースを装着していきたいと思います。

貼り付け位置には2種類あって、

・背面に貼るパターン

・前面に貼るパターン

があります。

両方貼ってみたので、それぞれ紹介します。

背面に貼るパターン

ESRペンケースをケースの背面に貼った様子

背面に貼るのは左側に貼ります。

一応理由があるので、あとで説明します。

ESRペンケースをケースの背面にはってペンを入れたようす 

ペンを入れるとこんな感じ

少しごちゃつきますが、ペンを入れるポケットができる感じで便利です。

ESRペンケースがスタンドの邪魔にならない図

左側に貼った理由は、これスタンド機能です。

右側に貼ってしまうとスタンドを折りたたんだところと干渉してスタンドが使えなくなってしまいます。

スタンドになるケースで表面に貼る場合は左側がオススメです。

前面に貼るパターン

ESRペンケースをESRのケースにつけた様子

次に前面にはるパターンの紹介です。

ケースが変わってESRのiPad Pro用ケースです。

同じESRで揃えると一体感があってとてもいいですね!

話はそれましたが、前面に貼る場合も背面同様に左側に貼ります。

ESRペンケースがスタンドの中に入っている様子

このケースは折りたたんでスタンドになるタイプですが、

折り畳み部分に干渉することなく使用が可能です。

背面につけても前面につけても左側につけておけば邪魔にならないみたいです。

まとめ

ESRペンケースを背面につけているようす 

以上iPadに貼り付けて使うタッチペンケースの紹介でした。

タッチペンを忘れたり無くしがちの方はその問題が簡単に解決できるので、是非試してみてください。

お値段も安いので、気になったらチェックチェック!

このペンケースと一緒に使いたいタッチペン↓

https://shirokulog.com/mono/esrpencil-01/

貼り付けていたiPad miniとそのケース↓

https://shirokulog.com/ipad/ipadmini5-01/ https://shirokulog.com/mono/apple-ipadmini-smartcover-01/ https://shirokulog.com/mono/esrbackcover-01/