モノ

ロジクールの白いトラックボールM575OWがとっても気になる

みなさんはトラックボールを使ったことはありますか?

僕は気になっていただけで一度も使ったことがありません。

購入を考えていたこともあったのですが、色が大体暗いんです。

ガジェットはなるべく白で揃えたいというのがあったので結局手を出せずにいました。

そんな中ロジクールから10年ぶりにリニューアルされたトラックボール「M575」が発売発表されたんですよ。

こんにちは、しぐれ(@shirokulog)です。

今回はマウスやキーボードで有名なロジクールから新発売されるトラックボール「M575」について語っていこうと思います。

10年ぶりの刷新ということで新規ユーザーに加え、古参のユーザーからも注目が高まっているであろうこと間違いない今回の商品。

カラバリも増えたので、とっても気になっています。

まず、トラックボールって?

M575オフホワイト

多分知らない人は全く知らないと思うトラックボール

実のところ気になるまでは変なマウスが置いてあるなぁぐらいにしか僕も思っていませんでした。

そんなトラックボールの説明からしていきたいと思います。

操作方法

一般的なマウスはマウス本体を動かしてその動きをセンサーが読み取ります。

しかしトラックボールは本体をいくら動かしてもカーソールは動きません。

そう、名前にもある通りボールを使うのです。

左についているボール部分を転がすとカーソルを動かすことができます

トラックボールの利点

一般的なマウスとは操作方法が全然違うトラックボール

そんなトラックボールを使うメリットはと言いますと、

・本体を動かす必要がないから場所を取らない

・動かす必要がないため腱鞘炎を防げる

・置くだけでいいので場所を選ばずどこでも使える

と言われています。

1つ目の「本体を動かす必要がないから場所を取らない」

先ほども操作方法で説明したようにトラックボールを動かして使うため一般的なマウスのようにマウス本体を動かす必要がありません

そのためマウスさえおける場所だけで操作スペースが済んじゃいます。

例えば小さめの机や狭い作業スペースでも問題なく使うことができるのです。

2つ目の「動かす必要がないため腱鞘炎を防げる」

というのも一般的なマウスは手首をブンブン振って使うことになります。

そのてんトラックボールは手首を動かすことがないので、マウスの腱鞘炎で悩んでいる方にはピタリかもしれません。

3つ目の「置くだけでいいので場所を選ばずどこでも使える」

1つ目でも言いましたが動かして使うことがないため操作スペースというものが必要ありません。

そのため、家で使っている操作感そのままで外出先やオフィスなどでも使うことができるのです。

いろいろな場所で作業する方で、どこでも同じ操作感を保ちたいという方に向いていますね。

僕が手を出せずにいたカラーリング問題

先ほど紹介した通り一般的なマウスに比べてメリットがいくつもあるトラックボールなのですが、個人的に一番気に入らない点がありました。

それが、カラーリングです。

Amazonでトラックボールと検索するとわかるのですが、検索結果はどれも黒い製品ばっかりなのです。

Amazonでの検索結果

そう、とても個人的な理由ですがガジェットは白がいい。

これが僕のメリットを置いても曲げれなかったものです。

しかし、今回発表されたM575には白がある!!!

今回発表された「M575」

M575

今回発表された『M575』について詳しくまとめていこうと思います。

製品名

製品名は、前モデルの番号を引きついだ形のM575

それに色のアルファベットがつく形です。白だとOW

カラーバリエーション

カラーバリエーションは、画像左からグラファイト、オフホワイト、ブラックの3色展開。

そう珍しく白いカラーがあるのです。昨今の白ガジェット需要に合わせてくれたのかな…!

ボタン構成

そしてボタン数は5個(左/右クリック、戻る/進む、ミドルクリック付きスクロールホイール)と上位モデルのMXTB1sと比べると少ないけど構成は一般的なマウスと一緒です。

電池

電池は内蔵バッテリーではなく、単三形乾電池を1本使用。

充電できないのは少し物足りない気もするが、乾電池一本で1年以上使えるとあるから問題ないでしょう。

接続

接続はUSBのドングルを使うかBluetoothで行う。

USBとBluetoothの切り替えは底面のボタンで可能。そのため、Windows PCにドングルを挿しておいてMacはBluetoothで接続するなど2台の接続はできそう。

仕事用のPCと趣味用で同じマウスが使えるの非常にありがたい。

対応OS

  • Windows 8, 10 以降
  • macOS 10.13 以降
  • iPadOS 13.4 以降

となっています。

最近iPadOS対応が増えてきてiPad大好きな僕は嬉しいです。

どこで買うのがお得?

発売日が11月の26日なので予約の段階ですが、Amazonが一番安いです。

楽天はポイント還元でAmazonと同額になります。

公式ストアは定価の6050円なので、公式ストアにこだわりがなければAmazonか楽天がいいでしょう。