アプリ

MapNote2 無限に書ける便利ノートアプリ 

MapNote2

iPadのノートアプリって沢山ありますよね。

ただ、一般的なノートアプリは書ける範囲が決まっているため範囲の外には書くことができません。

マインドマップなどのなにか考えながら広げていく様なことを書き出す時には不便です。

そんな問題を解決する便利ノートアプリがあるんです。

こんにちは、しぐれです。

今回は、アイデアノートやマインドマップなどに最適なノートアプリ「MapNote2」の紹介です。

書きながらどんどん広げていく様なことをノートに書きたい人はぴったりなので是非みてみてください!

MapNote2のミニ情報

ストアページ

アプリ名
 MapNote2 – 無限に広がるアイデアノート

値段
 610円 買い切りタイプ

特徴
 MapNoteの進化版
 マインドマップなどの書き広げていくのに最適なノートアプリ

MapNote2の特徴

アイデアノート

冒頭でも紹介しましたが、MapNote2はアイデアノートマインドマップを書くのに最適なアプリです。

上の画像のようなスクリーンショットを貼り付けて、そこにメモを書き込んでアイデアをまとめたり、

マインドマップの例
マインドマップ(仮)

マインドマップの様な書きながら周りに広げていくようなノートにピッタリです。

ズームアウトして周りに書き広げることができる上に、制限なく書き広げることができるので無限に使えます。

アイデアノートの拡大前
ノートを拡大した図

ズームをして書き込むこともできるので、細かい書き込みも簡単にできます!

MapNote2の書くこと以外の機能

MapNote2の書くこと以外の機能

シンプルに無限に書けるこのアプリですが、書きことの機能もついています。

写真を選択している図
MapNote2で画像を貼り付けたところ

写真を選んで、ノートにはりつけたり

MapNote2の共有

画像やPDFとしてノートを書き出すこともできます。

保存して他の人に共有できるのはいいですよね!

MapNote2の背景選択画面

また、設定で背景も選ぶことができます。ドットや、ますめの表示、無地のほかに灰色や黒も選択できます。

MapNote2の背景を黒にした図

黒を選択すれば、暗い場所でも眩しいとなることなくノートの作成ができます。

黒にした時は書いたところを見つけやすい

ズームアウトした時に白だとほんと眩しくて見つけにくい時があるので、黒はその点見つけやすいので便利です。

OSのダークモードと連動していれば楽なのですが、同期はされないのでその点は注意が必要です。

まとめ

MapNote2をアイパッドで開いた図

以上MapNote2の紹介でした。

iPadでアイデアノートやマップノートを書いているかたや書こうと思っている方は是非チェックしてみてください!

  Apple Pencilを持ってない方は、コスパの良いこちらのペンを⤵︎

https://shirokulog.com/mono/esrpencil-01/

  サクッとノートを取るのに最適iPad⤵︎

https://shirokulog.com/ipad/ipadmini5-01/